So-net無料ブログ作成
検索選択

新たなる旅立ち [仕事&就活]

さてさて連日お伝えしている松本零士バックれ事件。(笑)

2日目も会社に何の連絡もなく休んだ松本零士、もう完全に信用を無くした。
もう誰もが出社する事は無いと思っている。
そんな感じで午前中が終わり、昼休みに入り母ちゃん以外全員がお昼を食べに出かけた。
お弁当を食べ終わる頃に点呼係のオッチャンから電話が入った。
「あのよ、松本零士が俺の所に電話をよこしてよ、これから会社に行くって言ってんだよ。
なんか辞めるみたいだぞ。で、私物が残っているから取りに行くみたいだぞ。」
オッチャンの電話の数分後、松本零士が事務所に来た。
母ちゃん、素知らぬ顔で「お疲れさまです。」と声をかける。
すると松本零士、「あれ、皆さんいないんですか?」と言った。
はぁ?今昼休みでいつも事務所には母ちゃんしかいないの知ってるよね?
みんなと会わないようわざとこの時間狙って来たんじゃないの?
「みなさんご飯を食べに行っちゃったので誰もいませんよ。」と言うと
「じゃ~電話をかけてみます。」と言って私物を片付け始めた。

母ちゃん、松本零士の顔も見ず、スマホをいじっていた。
横で袋の中に私物をガンガン入れている。
全部私物を回収して、どうするのかなと思っていたら、
「へヴィメタさんを不愉快な思いをさせてスミマセンでした。」
と、いきなり謝罪の言葉。
おいおいそんな言葉を言う前に「ご迷惑をおかけして申し訳ありません。」とかないのかよ。
と思った母ちゃん。
母ちゃんも「別に不愉快だなんて思ってませんよ。」と言ったのだが無視して出て行きました。

数分後、再び事務所に戻って来た松本零士。
「事務所に戻れないから机の上に(書類)置いてって言われたんで置いてきます。」
と言って出て行こうとするので、
「お辞めになるんですか?」と聞いたら、
「はい、いろいろスミマセンでした。」と言って事務所を出て行った。

何故こっちから聞かないと自分が辞めるとか言えない?

どこまで常識ないんだぁぁぁ!

机の上に置いて行った書類は退職願い。(笑)
ま、とりあえずイライラの原因がいなくなったからヨシとするか。
まだ他の問題もあるけどね。
しかも腹が痛くてもコーヒーを飲み続けていたコップを忘れて行ったけどな!
松本零士、伝説を作ったな。
nice!(2)  コメント(5)